エピソード2.コンタクト・眼鏡・レーシックのそれぞれの検討

視力が低いと当然の事ながら眼鏡やコンタクトが手放せません。

コンタクトはドライアイになるので、スキーや海水浴など特別なレジャーのときしかしません。

ドライアイに関しては、頻繁にあくびをするとか目薬を差すなどの対応をして頑張っていますが、どんなに気をつけてコンタクトを使っても、裸眼の方が目にいい事はいうまでもありません。

ちょっと寝不足になるとコンタクトをするにも瞼がはれていては時間が掛かったり、更に目が充血してソフトレンズだとしてもコンタクトにすれば違和感が出たりします。

なので普段は眼鏡になるのですが、眼鏡だとちょっと横になるのにも不便ですし、子供の様子を見ながらうとうとすらできません。

眼鏡を外して横になると子供の様子が見えなくなるからです。

うっかり眼鏡のまま寝入るとフレームが歪みますし、眼鏡を踏んづける事があります。 お洒落も十分に楽しめません。

特に夏場にサングラスや水中眼鏡をしたくとも、コンタクトをしてからサングラスやゴーグルをしなければならないので不便です。

度付きサングラスや度付き眼鏡は揃えても視力が変動してしまえば使い勝手が悪くなります。

眼鏡生活に嫌気がさして、レーシックを試みてみようとも思いましたが、保険もきかないので高くつきますし、安い手術でも受けて万一失敗してしまうと頭痛やめまいなどに一生悩まされなければならないので躊躇しています。

保険のきかない医療は自己責任になるので、なかなか踏み切れません。

また、レーシックをしても業務でパソコンを使用していた知人は、1年も経たずにまた視力が悪化してしまいました。

もう削る網膜がないので、2度目は受けられないといった話を聞き、眼鏡で日々を過ごす事に決めました。

このごろは眼鏡も随分進化しましたし、PC用眼鏡や上記のサングラスも、お金を出せば度入りで新しく作れます。

また、眼鏡の激安店も増えて来ましたので、年に1度、視力検査をして眼鏡を新調するのもさほど家計を圧迫するものでもなくました。

すると、予備の眼鏡も揃ってくるので、万一眼鏡を壊したりしても直に慌てる事は無くなりました。

サイトMENU

当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします