コルセットは2種類ある

コルセットは2種類あることの説明です。


坐骨神経痛の治療方法のひとつにコルセットを使用する方法を挙げましたが、そのコルセットには大きく分けて2種類あります。

まずは通常良く目にする軟性コルセットというものがあります。
軟性コルセットは元々は美容の治療をするために開発されたものなのです。
しかしこのコルセットは腰椎をしっかりと固定することで坐骨神経痛や腰痛の痛みを和らげるためにしばしば利用されています。

しかも、美容用に開発されたとあって、つけ心地も悪くありません。
しかしこの軟性コルセットはつけたまましばらく歩き続けると、腰から下が痛くなり歩けなくなってしまう間欠跛行(かんけつはこう)には効果があまり無いという欠点もあります。


そしてもうひとつは、つけたときに少し前かがみの姿勢になる腰部脊柱管狭窄症用の特別なコルセットです。
これは軟性コルセットに比べ痛みが多く和らぐ事が多いです。
そして軟性コルセットとは違い間欠跛行(かんけつはこう)にも効果があります。

しかし軟性コルセットと比べると付けた時の違和感がどうしても拭いきれません。
快適・・・とは言いにくいかもしれません。
しかも長時間付けていると、腹筋や背筋が衰えてくるケースもまれにあるようです。

これらの内容を比べ、比較的軟性コルセットの方が多く使用されているようです。