梨状筋が弱ってくるのが原因で坐骨神経痛になる

梨状筋が弱ってくるのが原因で坐骨神経痛になることについての説明です。


梨状筋と坐骨神経痛は何の関係も無いように思えますが、実は梨状筋が弱る事によって起こる坐骨神経痛もよくある症例なのです。

坐骨神経痛は坐骨神経が圧迫されてしまうと出てきてしまう痛みなのですが、この梨状筋が弱るというのは、骨盤の仙骨から股関節の外側にある梨状筋という筋肉が弱ることによって出てくる痛みのや、その梨状筋の弱りによってお尻のあたりから出てく痛みの事を言います。


この梨状筋が弱ってしまう原因は、打撲などの外傷が半分くらいだと言われています。
その他にも筋力が落ちていたり、神経低下などがあります。

しかし原因が不明な場合も多いので、治療の際は注意が必要です。
原因の中にはまれに脊髄病変などがある場合があるので、この症状が両側に発症した場合は病院で精密検査を受けてください。

もしもこの梨状筋が弱っている原因が脊髄病変だった場合、この脊髄病変が進行してしまうと下半身麻痺に繋がる可能性もあり大変危険です。

どんな病気でも早期発見、早期治療が大切です。

梨状筋によって起こる坐骨神経痛は、筋肉が緊張して起こる場合以外にも筋肉が弱ってしまう事によって起こる場合もあります。

腰から出てきた神経は骨盤の中を通って足の方へ通るのですが、このとき骨盤についている筋肉に坐骨神経が刺激を受けて痛みが走るのです。

痛みを感じるほうのお尻(梨状筋ですね)を押してみると痛みが出る場合が多く、このときに足に痛みが走る場合も多いです。


この梨状筋が弱っていることが原因の坐骨神経痛の場合、梨状筋の筋肉中を神経が走ることが多いようです。

特に変わった体質、と言ったものではありませんが、治療が難しくなってしまいます。
痛み自体を悪化させない治療は行えるのですが、痛みは再発してしまう場合が多く、根本的な解決にはならないのです。

筋肉が弱ってしまっているのは、筋肉を強くして補うしかないのですが、そのほかに神経支配の異常が原因の場合もあります。

とにかく絶対にこれ!という原因が分かりにくい病気なので、しっかりと病院で検査をする事をオススメします。