腓腹筋(ひふくきん)のストレッチ

腓腹筋(ひふくきん)のストレッチの説明です。


みなさんはふくらはぎに2つの筋肉があることはご存知ですか?
ふくらはぎには腓腹筋とヒラメ筋というふたつの筋肉があります。

この筋肉はつまさきを伸ばすときに使う筋肉とひざを曲げるときに使う筋肉に分かれます。
この2つの筋肉の下はアキレス腱となりかかとについています。

歩いたり走ったりジャンプしたりする全ての動作にこの腓腹筋とヒラメ筋が関係しているのです。

脚の筋肉が弱くなるとしっかりと体を支えられなくなり姿勢も悪くなります。
すると骨盤や背骨のゆがみにつながり坐骨神経痛へと繋がっていくのです。


■腓腹筋(ひふくきん)のストレッチ■

@まずは壁から50センチから60センチ離れて立ってください。(もちろん壁の方を向いてください)

A両手を壁につけてください

Bもちろんかかとはつけたまま、ひざは曲げずに行ってください。


※このときひざをまげてしまうとストレッチにならなくなってしまうので注意しましょう。


ストレッチを行う際は無理をしないようにしましょう。
痛みを感じた場合はすぐに止めてください。


※ あくまでも一般的に坐骨神経痛に良いといわれているストレッチ法を紹介しています、行う際は無理をせず個人の責任の元に行ってください、万一不利益が生じたとしても当方では責任を負いかねます。