整形外科の坐骨神経痛治療@

整形外科の坐骨神経痛治療の説明です。


坐骨神経痛の治療には様々なものがあります。

人によって行う治療方法は異なると思いますが、色々な方法を知っていて損はないでしょう。
ひとつの治療が効かないなら違う方法で治療を試してみれば良いのですから。

そんな中で今回は整形外科で行える坐骨神経痛の治療を紹介します。


これはどこでも行ってくれると思いますが、まずは坐骨神経痛と上手く生活していくためのアドバイスを貰うことができます。
もちろん基本は絶対安静が基本です。
高齢者の場合はコルセットを自宅や日常生活で使用したりもします。
きちんとした姿勢で腰を中心に体に負担がかからないようにするのです。


そして病院特有の薬での治療です。
安静にしていても絶えられないほど辛い痛みは薬物を使って痛みを抑えることもあります。
非ステロイド性消炎鎮痛剤の飲み薬、もしくは座薬が使用されることが多いです。
腰脊柱管狭窄症では、血の流れが悪いことが痛みを生じる原因だと言われているので、血の流れをよくする薬を処方されることも多いです。

しかし薬での治療を長い間行うと、副作用も心配されています。
副作用には胃腸障害や心臓疾患などが挙げられます。

ではこのまま整形外科の坐骨神経痛治療Aへ続きます。