坐骨神経痛とは?A

坐骨神経痛とはどんなことなのかを説明しています。


さて、坐骨神経という物がどんな神経なのかが分かったところで、今度は坐骨神経痛の事を少しお話していきましょう。

「坐骨神経痛」という言葉で痛みを表現する人はあまり居ないかもしれません。
ほとんどの人が”腰痛”で済ましてしまうかもしれません。
そんな腰痛でも痛みの場所や症状によって病名は違います。

坐骨神経痛は腰痛の中でも、皮膚に近い部分に痛みが走っているところのことです。

そしてお尻の近くの抹消神経が痛む事を坐骨神経通と言うことが多いのです。
腰の上のほうではなく、下の方が痛むことはありませんか?
もしかしたらそれは坐骨神経痛かもしれません。

坐骨神経痛の痛みは、皮膚から近い位置を走っているために、皮膚の裏側にある筋肉を圧迫してしまったり、痛みが発生しやすい位置なのです。

その為に、大臀筋などに大きな緊張が発生してしまうと、坐骨神経が緊張している筋肉に更に圧迫されて、坐骨神経痛になってしまうのです。

筋肉に挟まれた位置にあるので少しの緊張でも痛みが発生しやすいと言うわけです。

こう説明をしてみても、素人判断で”坐骨神経痛かもしれない”と判断しては危険です。
もし自分が”坐骨神経痛なのかも?”と思ったらきちんと医者に行って診察を受けましょう。