ヒラメ筋のストレッチ

ヒラメ筋のストレッチの説明です。


ヒラメ筋という筋肉は聞いたことがあるかもしれません。

ヒラメ筋は、腓腹筋(ひふくきん)と同じようにつま先を伸ばすときにつかう筋肉です。
腓腹筋はひざの上の骨とふくらはぎからアキレス腱をつなぐ場所ですが、ヒラメ筋はひざの関節をまたいでいません。

ヒラメ筋は正式な名称もヒラメ筋というのだそうです。
魚の切り身のように平べったい形をした筋肉だからそう言われているのだそうです。

脚のストレッチも重要なことです。


■ヒラメ筋のストレッチ■

@まずは軽くひざを曲げて座りましょう。

Aタオルをあらかじめ用意しておき、そのタオルの両側をそれぞれの手で持ち、片方の脚に引っ掛けタオルを引きましょう。(ひっかける場所は足の裏の真ん中ではなくややつまさきの方が良いです)

Bタオルをかけた脚は、タオルを引く方向とは逆の方向に押しましょう。
(つま先で押し出す感じにすると良いです)

Cひざを曲げたまま行うのがポイントです。

※ひざを伸ばしたまま行うと腓腹筋が強くなります。

ストレッチを行う際は無理をしないようにしましょう。
痛みを感じた場合はすぐに止めましょう。

※ あくまでも一般的に坐骨神経痛に良いといわれているストレッチ法を紹介しています、行う際は無理をせず個人の責任の元に行ってください、万一不利益が生じたとしても当方では責任を負いかねます。