妊娠すると何故坐骨神経痛になるのか?

妊娠すると何故坐骨神経痛になるのかの説明です。


妊娠、出産、それは女性にとって大きなイベントのひとつです。
新しい家族が増え、母親になる・・・

そんな大イベント中にもかかわらず、既につわりなどで辛いのにも関わらず、坐骨神経痛はやってきます。


そもそも何故妊娠する事で坐骨神経痛になってしまうのでしょうか。

実は妊娠をすると、おなかの中で赤ちゃん成長していくと共に、骨盤と腰椎が圧迫されるのです。
さらに、妊娠中は赤ちゃんを外に出す準備として骨盤が自然に広がってくるのです。

赤ちゃんがおなかの中にいることによる重みなどで坐骨神経痛になる場合もありますが、それよりも妊娠、そして出産に向けてお母さんの体が準備をする事による体の変化で坐骨神経痛になることが多いようです。

それは骨盤や腰の変化、ホルモンの変化などで腰や背骨に変化が出てくるのです。
その影響をうける骨や神経の中には、坐骨神経という最も坐骨神経痛に関係のある神経も混ざっているのです。


ちなみに、出産してからの1ヶ月から2ヶ月は骨盤を元に戻す時期なのですが、そのときに坐骨神経痛が残っているようなら、無理をしてはいけません。

骨盤を元に戻すことも大切ですが、腰の痛みが悪化しては、今後の育児にも影響が出てきてしまいます。

赤ちゃんを元気に育てるためにも体に無理はさせないようにしてくださいね。