ブロック治療

ブロック治療の説明です。


坐骨神経痛の治療のひとつ、ブロック治療について少し説明していきます。

そもそもブロック治療とは、痛いと感じる部分(その痛みが神経性の痛みの場合)に局部麻酔を注射し、痛い場所の神経を麻痺させる事で坐骨神経痛の痛みを和らげる治療方法です。


薬を使っても無理、理学的に治療をしても無理、とにかくきつい痛みがずっと続いて絶えられない、などの場合にはブロック治療を行います。

しかし、体を動かす事によっておきる痛みにはこのブロック治療は効果がありません。

神経ブロック治療は外来からでも比較的安全に行うことができます。
しかしこのブロック治療によるアレルギーや副作用なども十分考えられるので、きちんと医師から説明を受け、きちんと治療を確かめてから行ってください。

ちなみにブロック治療での麻酔薬の効果は数時間でなくなってしまいますが、坐骨神経痛の場合は一度ブロック治療を行うと1週間から2週間は効果が持続します。

しかしブロック治療を行ったにも関わらず数時間で効果が無くなってしまう場合は、あなたにはブロック治療は効果が無い、ということになります。

つまりブロック治療をしてもあなたの坐骨神経痛は良くならないと言うことなのです。