ブロック治療の種類・選択的神経根ブロック

ブロック治療の種類・選択的神経根ブロックの説明です。


坐骨神経痛の治療方法のひとつ、ブロック治療のことは先ほどお話しましたね。
ここではそんなブロック治療の種類のひとつ選択的神経根ブロックについて少し紹介していきます。


選択的神経根ブロックとは、脊柱管の硬膜から出ている神経根の1つを選択し、局部麻酔をかける神経ブロック治療です。

神経根を選ぶのは大変なのではないか?間違ってしまったら大変なのでは?とも思うかもしれませんが、レントゲン透視装置などで神経根の位置をきちんと確認しながら、麻酔をかける神経を選ぶので安心です。

この選択的神経根ブロックを行うときの麻酔は、ブロック注射をするほんの一瞬、ピリッと電気でも通るような痛みを感じます。


さらにブロック注射の前後には造影剤を注入することもあり、神経の根元の圧迫状態などもきちんと調べてから行う必要があります。

坐骨神経痛はなっている人でないと分からない痛みかもしれません。
だからこそ本気で治したいと思うのです。

ブロック治療もそんな坐骨神経痛の方々を気遣ってできた治療方法なのだと思います。
直接的に坐骨神経痛が治るかどうか、というのはなんともいえないのですが、ブロック治療は坐骨神経痛の辛い痛みを和らげたい、という思いから行われている治療方法です。


無理はせずに根気良く治療を行って行きましょう。