オステオパシーの坐骨神経痛治療

オステオパシーの坐骨神経痛治療の説明です。


さて、ここまで坐骨神経痛について少しですがお話をしてきました。
少しでも坐骨神経痛の事を理解していただけていれば光栄です。

コレを見て下さっている方々の中には既に坐骨神経痛になってしまっている方、坐骨神経痛のご家族や知り合いがいる方、将来の坐骨神経痛が心配な方など様々だと思います。

しかし、坐骨神経痛になってしまったからといって、諦めないでください。
根気良く治療を行っていけば坐骨神経痛の痛みも緩和します、毎日辛いかもしれませんが諦めないでくださいね。
そしてくれぐれも無理をしないようにしてください。

ここまで様々な坐骨神経痛の治療方法を紹介してきましたが、ここではオステオパシーのお話を少ししたいと思います。

オステオパシーは「血管はそれが通るもの全ての構造を支配している」と考えています。
神経に栄養を与えて、そして温めて機能を保っていくのも血管の働きなのです。

仙骨孔の圧迫は坐骨神経痛どころか仙骨孔の周りの血の流れを遅くさせ、治療さえも遅らせてしまっているのです。

オステオパシーはそんな血の流れを考えた坐骨神経痛の治療方法なのです。
この血の流れを回復させる事こそ、坐骨神経痛を治す方法だと考えたものなのです。

仙骨孔の圧迫を取り除くための特別な治療を行い、坐骨神経痛に良い効果を表すのです。