脊髄病変が原因で坐骨神経通になる

脊髄病変が原因で坐骨神経通になったときの説明をしています。


脊髄病変も坐骨神経痛の原因になる時があります。
まず脊髄病変とは、背骨の中にある脊髄神経が何かしらの原因で圧力を受け異常が出る事です。

この圧力をおこしているのは、腫瘍や椎間板ヘルニア、脱臼や骨折、血腫や多発性硬化症、脊髄梗塞などです。

骨折や脱臼で脊髄神経が圧迫を受けてしまうときは、事故や落下などの大きな事故で発祥してしまう事が多いです。
この事故によって内出血が起き、脊髄神経に血液が入ってしまい神経に圧力をかけてしまうこともあります。
更には腰椎のすべり症や骨折でできた骨のかけらで神経を傷つけてしまうこともあります。


坐骨神経痛になってしまったときに、原因が脊髄病変かどうかを確認する方法は、両側の知覚異常があるかどうかです。
最初は軽いものなのでほっておかれがちですが、悪化してしまうと筋肉麻痺が起きてしまいます。
足の両方に神経症状が出てきたらすぐに病院へ行きましょう。

更に、トイレで力んだ時や、くしゃみをしたときに両足に痛みが走る場合も脊髄病変が原因の坐骨神経痛かもしれません。
そのときもすぐさま病院できちんとした原因を確かめてもらいましょう。


腫瘍や酷い骨折や脱臼での坐骨神経痛は、治療し終わったあとにも神経に障害がおきる場合もあるので、慎重に治療を行います。

軽いうちであれば、脊髄病変が原因の坐骨神経痛は、きちんと病院で治療を行えば悪化する事を防げます。
はやめはやめが肝心ですよ。