急性期の坐骨神経痛

急性期の坐骨神経痛の説明です。


坐骨神経痛には急性期の坐骨神経痛と慢性期の坐骨神経痛というものがあります。
今回は急性期の坐骨神経痛についてお話していきたいと思います。

まずは、急性期の坐骨神経痛はどんな症状が出るのか・・・

・お尻や太もも、ふくらはぎやスネ更には脚の先まで強い痺れを感じ、通常生活するにおいても支障をきたしてしまう

・前屈をするとき(おじぎしたり洗顔の際に前かがみになったり)やイスから立ち上がるときなど、決まった動きをするとかなり激しい痛みが走る

・寝返りをすると足に激しい痛みが生じる

・症状を感じる方の足が鈍感もしくは敏感でsる

・足が痛んだりしびれたりして10分以上歩けない

・電車などで立ち続けることができない

・痛み・痺れが酷いためイスに同じ姿勢で10分でも座っているのが辛い

・痛み・痺れを感じる足が動かしにくい

坐骨神経痛の急性期は、坐骨神経痛が悪くなっているピークの時の事をいい、坐骨神経痛の時期で1番辛い時期なのです。

この坐骨神経痛の急性期になっているときは、マッサージなどは控え、絶対安静です。
きちんと整形外科などの医療機関で検査してもらうのが1番の治療になると思います。

素人判断で整体や針治療、ヨガなどを行ってしまうと、余計悪化してしまう事もありますので、急性期の治療は慎重に行ってください。
基本は「絶対安静」です。