コルセットを巻くと筋肉が衰える?

コルセットを巻くと筋肉が衰えるかどうかの説明です。


坐骨神経痛の痛みを予防するためにコルセットを使用する方は多いと思いますが、そんな、コルセットを使用している方の中に”コルセットを使用すると、腰の筋肉が衰えるのでは?”と心配なさる方がいるようです。

そうですね、坐骨神経痛や腰痛でコルセットを使用すると、コルセットによって腰を支えたり関節をサポートしたりしてくれるので、自分の腰の筋肉は衰えてしまうかも・・・と思うのも普通ですね。
もちろん、コルセットもも違った方法で使用すれば本当に筋肉が衰えてしまう事も考えられます。

しかし、腰の痛みの問題なのです。

坐骨神経痛や腰痛によって立ち上がったり座ったりできない・・・更には変な汗をかくくらい激しい痛みが出るのにもかかわらず、一人ではロクに歩くこともできない、でも筋肉が弱るからコルセットは使用したくない・・・
というのは何だか違いますよね。
そんな事を心配していたら腰の痛みはよくなりません。

安静が必要な腰の痛みや固定が必要な腰の痛みにはコルセットはとてもよい効果を出します。
もちろん、回復につれてコルセットをはずしていくことも考えていかなくてはいけません。

腰の痛みは和らいできているのに、コルセットをしていないと心配だとか、コルセットをつけていたほうが楽だから、という理由でコルセットをつけたままにしていると腰の筋肉も弱ってしまいます。

1番良いのは、きちんと医師に相談をして、コルセットに使用期間をできるだけ短くして筋力低下を防ぎながら坐骨神経痛を治していくことが良い方法だと思います。