ウイルス感染が原因で坐骨神経痛になる

ウイルス感染が原因で坐骨神経痛になったときの説明をしています。


ウイルス感染の中には、帯状疱疹(たいじょうほうしん)という病気があります。
これは脊髄神経節のウイルス感染症で、皮膚文節(神経の支配域)に沿って病変が広がるのです。

このウイルスとは、ヘルペスウイルスの事を指します。
このヘルペスウイルスは脊髄神経節に入り込んで皮膚に運ばれます。
そしてその場所に感染し更に感染した神経がある皮膚に激しい痛みを感じるようになります。

これは痛くなる前にかゆみが起こりその後に痛みを生じます。
そして皮膚には湿疹ができ、水泡も現れます。

このウイルスでの坐骨神経痛も、最初は知覚症状だけ起こることが多く、ウイルス感染からのものだとは気づかない事が多いです。
しばらくして感染した神経のあたりの皮膚に水泡ができてくると強い痛みを生じます。
ここで初めてウイルス感染が原因だと気づくのです。

なぜかというと痛みのみでは、病院でもウイルス感染かどうかは確認するのが難しいのです。
病院で診察してもらっても、痛み止めなどを処方してもらうくらいでしょう。

帯状疱疹から起こる坐骨神経痛は腰の神経周辺に痛みが生じますが、これもウイルス感染による痛みです。

ヘルペスウイルスは女性なら一度は聞いたことがあると思いますが、成人のほとんどの人が持っているウイルスで、水疱瘡もこれにあたります。

これは水泡が出てくるまではウイルス感染の診断が出ないのも特徴です。

しかし逆に言えばこのウイルス感染が原因の帯状疱疹による坐骨神経痛は、骨がどうこうとかと言う坐骨神経痛とは又異なりますので、きちんと治療をすればほとんど治るのです。

痛みは長く続きますが、きちんと治療をすれば治るので、あまり驚かずにまずは病院へ行ってください。