坐骨神経痛のストレッチ

坐骨神経痛のストレッチの説明です。


今回紹介するストレッチは坐骨神経痛だけでなく、通常の腰痛にも効果のあるストレッチです。

・まずは床に座り、両足はハの字に開きます。

・右側の腰が痛い方は右の足をまげて左側の膝の内側のあたりに右足の裏をつけます。
坐骨神経痛が右にある方も同じ動きをしてください。
曲げた方の膝は床から離れてしまっても平気です。

・左側に痛みがある方は左側の膝を曲げて右ひざの内側に左足の裏をくっつけてください。
もち両側に痛みがある場合はやりやすい方から初めてください。

次はいよいよストレッチです。

曲げた足のすねの方向に両手を伸ばして前屈します。
体が硬くて前屈できない人は無理をせずできるところまでで大丈夫です。
その姿勢を30秒続けます。
呼吸は何時もどおり自然にしていて構いません。

はき続けたり吸い続けたりと無理をしなくても構いません。
伸ばしているほうの足のふくらはぎやふとももの裏側が突っ張るような感じがすれば、きちんとストレッチされている証拠です。

片方終わったらもう片方の足も同じストレッチをしてください。

ちなみにストレッチを行っている最中に”これで腰痛が治る”とか”ストレッチをすれば楽になるだろう”と思いながらストレッチをすると良いでしょう。