坐骨神経痛は病名じゃない?

坐骨神経痛は病名じゃないことの説明です。


坐骨神経痛はお年寄りの方ばかりでなく、若い方も中高年の方もなる可能性のある症状です。

妊娠がきっかけで坐骨神経痛になる人もいますし、としを重ねたらいきなりなった、という方も多いです。

しかし坐骨神経痛とは、”腹痛”や”頭痛”などの症状を表す言葉にあたりますので、病名ではないのです。

昔は40代を過ぎるとなりやすいといわれていた坐骨神経痛も、最近では若い方でも坐骨神経痛になると言います。
これはやはり最近の若い世代が栄養不足なことも関係してくるのでしょうか・・・

坐骨神経痛は多くが腰部脊柱管狭窄症なので、治療の際は腰部脊柱管狭窄症として治療されているようです。

坐骨神経痛になる身近な原因は椎間板ヘルニアや梨状筋症候群などもあります。
坐骨神経痛は坐骨神経が何らかの理由で圧迫されたりひっぱられたりなどの刺激を受けて発生する神経痛なのです。l

崎骨神経痛だから坐骨神経がおかしくなっているわけではなく、脊髄の椎間板や骨、そして神経や筋肉などの多くの理由があり坐骨神経痛が起こっているのです。

ですので、坐骨神経痛の原因が足にあることもありますが、その足の原因自体は足にあるとは限らないのです。


ですから坐骨神経痛をただの腰痛、と考えていると後に大変なことになる場合もあるので注意が必要です。