梨状筋の緊張が原因で坐骨神経痛になる

梨状筋の緊張が原因で坐骨神経痛になった場合の説明です。


坐骨神経痛の原因のひとつに、梨状筋の緊張によるものがあります。
この痛みは坐骨神経が圧迫される事によって出る痛みなのですが、骨盤にある仙骨という骨から股関節の外側にある梨状筋が緊張する事によって起こる神経痛やお尻周辺の痛みのことです。

梨状筋症候群は坐骨神経痛の中で1番多く見られます。
通常の坐骨神経痛よりもずっと治りが良いです。


この梨上筋の緊張には必ずといっていいほど原因があります。
ひとつは見て分かる傷でもその原因になり得ます。

この外傷というものは、机などに打撲した程度のものでも外傷に含みます。
後日、この梨状筋の緊張が坐骨神経を圧迫して痛みが出てきます。

ずっと同じ体勢(立ちっぱなしなど)で仕事をしていたり、過度に筋肉を使用したときも同じようになります。

これは骨盤の間接の痛みにも似ていますが、対象の痛みは横に走るような痛みなので、区別はつきます。


この痛みを和らげるには、梨状筋の緊張をほぐすような治療をすれば和らげることができます。
しかし重症の場合は外科処理を行わなければいけない場合もあります。

そこまで処理をしても痛みが長引く場合はその他にも神経系の何かしらの問題や筋膜性の問題、腫瘍なども隠れている事がありますので、注意が必要です。

この梨状筋の緊張が原因で起こ坐骨神経痛は、自己で行う治療から、外科で行う病院治療まで様々ですので、自分の症状に合った治療を行ってください。

もちろん、まずは医者に相談をすることをオススメします。