梨状筋(りじょうきん)のストレッチ

梨状筋のストレッチについての説明です。


散々梨状筋についてお話しているので、梨状筋が坐骨神経痛においてとても重要な役割であることには気づいていただけたでしょう。

梨状筋は、骨盤と大腿骨(脚の骨ですね)の根元(大転子と言います)にくっついている筋肉なのですが、脚からつま先を外側に向けるために動いている筋肉なのです(股関節外旋と言います)。

この梨状筋の下には坐骨神経があり、梨状筋が硬くなったりしてしまうと梨状筋が坐骨神経を圧迫してしまい、脚み痛みを感じたり痺れを感じたりすることがあります。

これは梨状筋症候郡と言い、坐骨神経痛とは違うものになります。

■ストレッチの方法■

@まずはごろん、と仰向けに寝転んでください。

A片方のひざを抱えるように手で持ってください。

Bもう片方の足を抱えている手をまたぎ方の足のひざに掛けてください。

Cそして足を抱えているほうの手を手前に引いてください。

※頭は床につけたままにしてください。
 手は足を掛けた後に間から通して抱えるようにしても構いません。

これでお尻(梨状筋)のストレッチは完成です。
これは片方の足だけでなく両方行ってください。

くれぐれも無理はしないようにしてください。
痛みを感じた場合はすぐに止めてください。

 
※ あくまでも一般的に坐骨神経痛に良いといわれているストレッチ法を紹介しています、行う際は無理をせず個人の責任の元に行ってください、万一不利益が生じたとしても当方では責任を負いかねます。